ブログ

Fujiコラム⑨「パラトライアスロンって何?」

藤田より
皆様、こんにちは。フィットネスの藤田です。

さて本日4月6日は…
私の母の誕生日🎂(めっちゃ個人的💦)
であり、
私がトレーナー帯同させていただいた事のあるトライアンスロン選手の誕生日👏
でもあります!!
パラトライアスロン選手の宇田秀生(うだ ひでき)選手✨

※宇田選手HPより
アスリートとしての心構えや明るく気さくな人柄が素晴らしく、同じトライアスロンの選手達からも尊敬され慕われている宇田選手。
2017年には世界ランキング1位を獲得しています🥇
実はロンドにも練習に来た事があるんですよ!!

宇田選手!お誕生日おめでとうございます!!
宇田選手のHPはココをクリック!! 

という事で、今回のFujiコラム「パラトライアスロンって何?」です。

1.トライアスロンとは?
スイム(水泳)🏊‍♂️バイク(自転車)🚴‍♂️ランニング🏃‍♂️を1人の選手が連続して行うのがトライアスロンです。
距離ごとに種類が分かれており、その中で最高峰と言われる長いレースが「アイアンマン」です。
「アイアンマン」の距離はスイム3.8km、バイク180km、ラン42.195kmで、トータルの距離は226.2kmです。
泳いで、バイク乗って、最後にフルマラソン走る…私には想像がつきません😅
オリンピックで実施されているスタンダード(オリンピック)・ディスタンスはスイム1.5km、パイク40km、ラン10kmの合計51.5キロです。
2000年シドニー大会から新たにオリンピック正式競技として加わりました。

2.パラトライアスロンとは?
パラトライアスロンは2016年のリオパラリンピックから正式競技として加わりました。
障がいを持った選手が、スタンダード・ディスタンスの半分の距離であるスイム0.75km、バイク20km、ラン5kmの3種目(スプリントディスタンス)を連続して行い、合計25.75kmのタイムを競います。
タイムにはスイムからバイク、バイクからランに移り変わる「トランジション」にかかった時間も合計タイムに含まれます。

3.パラトライアスロンの特徴
~クラス分けを行い公平な条件で勝負する~
障がいの種類と程度でクラス分けがなされ、そのクラスごとに競技を行い、順位を競います。
障がいの種類によって、大きくは「シッティング(座位)」、「スタンディング(立位)」、「ブラインド(視覚障がい)」の3つに分けられます。
①.シッティング(座位)
両足に障がいのある選手が該当し、バイクのパートではハンドバイク、ランのパートでは競技用車いすを使用します。
レース会場などで生で観ると、そのスピード感に圧倒されます。

②スタンディング(立位)
四肢の切断や麻痺のある選手が該当し、ロードバイクの改造や、義手、義足の着用が許されます。
ロードバイクの改造は、安全が保たれ、推進力を助長しない範囲で認められます。
今日誕生日の宇田選手はこのクラスです。

③ブラインド(視覚障がい)
視覚障がいのある選手が該当し、「ガイド」と呼ばれる選手と同性の伴走者1名が、レース全体を通して伴走します。
両者はスイム、ランのパートでは、ガイドロープで繋がり、バイクのパートではタンデムバイクを使用します。
タンデムバイクは2人乗りのバイクで、長~いです。
選手は、ガイドの声、気配、ガイドロープによって、進むべき方向などを判断します。
け…気配で判断ってスゴイですね。ちなみに私は「気配を消す」のが得意です(笑)🤭
ロンドを拠点として練習している米岡聡選手はこのクラスです。
米岡選手がジムでワットバイクを漕いだり、トレッドミルで走っていたりする姿を見かけた方もいらっしゃると思います。
コツコツ努力する米岡選手の応援を宜しくお願い致します!

~トランジションエリアとハンドラー~
スイムからバイク、バイクからランへと移り変わるトランジションエリアでは、ウェットスーツやヘルメット、シューズ、義肢などの着脱、ロードバイクやタンデムバイクの準備、ハンドバイクや競技用車いすへの乗車などが行われます。
一人では競技を続行することが困難と認められた選手に限り、トランジションを手助けする「ハンドラー」を1名ないし2名つけることができます。
ガイドやハンドラーといった選手をサポートする方々にも注目してみるのもパラトライアスロンならではかもしれません👆

「パラトライアスロン」については詳しいルールがありますが、ここまで!
写真がないのでイメージしにくかったと思います。申し訳ございません!ぜひネットで検索してみてください。
私自身も「パラトライアスロン」についての知識が乏しく、今回のコラムを書くにあたって色々と知る事ができました。

今回は「パラトライアスロン」についてお話しましたが、
ロンドスポーツは高い志を持ったトライアンスロン選手達の練習拠点となっており、日々、仲間と共に切磋琢磨しながら練習に励んでいます。
トライアスロン・パラトライアスロンにぜひ興味を持っていただき、応援していただけたら嬉しいです🙇‍♀️

では、皆様、良い1日をお過ごしください!

※今回のブログに選手のお名前、写真などを掲載させていただく事については、ご本人の了承を得ています。
※参照サイト:
(公)日本障がい者スポーツ協会
(公社)日本トライアスロン連合

藤田