ブログ

Fujiコラム⑥花粉症のツボ

藤田より
皆様、こんにちは。
お久しぶりです!フィットネスの藤田です。
1月の投稿からすっかり間が空いてしまい申し訳ございません🙇‍♀️
1月からアスリートサポート室のお仕事でトライアンスロン選手の合宿に帯同させていただいています。
ジムエリアで皆様にお会いする事ができず、忘れ去られてしまったのではないかと少し不安です…😅

さて、1ヵ月ぶりのFujiコラム「花粉症のツボ」です。
私自身、小学生の事から重度の花粉症😷に悩まされいます。今までに、薬はもちろん、花粉症に効くというお茶やヨーグルトを試したり、鍼灸治療を受けたり…
そう!鍼灸治療は花粉症にも有効とされており、食事療法などと組み合わせて通年に渡り治療を受ける事でアレルギーを克服された方もいらっしゃいます。
一度、症状が出てしまうと西洋医学でも東洋医学でも治療効果が出るのが遅くなるという話も聞く花粉症。
スギ花粉やヒノキ花粉のシーズンにINしてしまいましたが、ちょっとした空き時間に「ツボ」を押したり👆お灸をすえたりするだけでも少し症状が和らぐかもしれません。
という事で、「ツボ」のご紹介です!

①合谷(ごうこく)
このツボはFujiコラム①で「風邪予防のツボ」としてもご紹介しました。
復習してみましょう。
合谷

場所)手の甲を上にして、親指と人差し指が交差する所
⇨軽く指圧するもよし、せんねん灸を据えるもよし。
※「合谷」はオールマイティーなツボと習いました。
疲労回復や気持ちの安定などにも効くと言われています。

②大椎(だいつい)

大椎

場所)あごを引いて下を向く。頸の後ろに飛び出た骨の真下
⇨軽く指圧するもよし、せんねん灸を据えるもよし。
肩こり、風邪のひき始めの寒気を抑えてくれるとも言われています。

③上星(じょうせい)
個人的に思い出深い、そして押すと痛気持ちよい好きなツボです。
上星

場所)体の真ん中を通る線の上で、髪の生え際から2cmほど上の方にあがった所
⇨額から指でなぞると、ズンッと痛い場所があるので、そこを軽く指圧する
 注:あんまりゴリゴリ押さずに、気持ちよい程度でOK
頭痛やいびきにも良いと言われています。
【思い出話】
10年以上前に通っていた鍼灸院で、「鼻水が止まらない😵」と嘆く私に鍼灸師の先生が「上星」に鍼を打ってくださいました。
「このツボは即効性があるんだけど、鍼を抜いてしまうとまた鼻水が出ちゃうかも」と言われつつ、他の箇所も治療していただきました。
鼻水も無事に止まって治療が終わり帰宅途中~かぶったキャップの下で何かチクチク…!!「上星」に打った鍼を抜き忘れていらっしゃいました🙄
(鍼灸師としては鍼の抜き忘れはNGなのですが、時効でしょう。。。)
その鍼を取って鼻水がすぐに出たかは記憶はありませんが、そんな思い出のあるツボをご紹介しました。

花粉症をお持ちの方はぜひ試してみてください!!

藤田